岩手市 盛岡市

岩手市なんて無い!

岩手県の県庁所在地はクイズ好きでないと知らないと思われます。
地理が好きという方も知っているでしょう。

 

岩手県の県庁所在地は盛岡市です。
常識とは言え、東北に縁が薄い方は全く知らない話です。

 

 

ところでどうして岩手県は岩手市じゃないのか?
周囲の青森県は青森市、秋田県は秋田市、山形県は山形市、福島県は福島市で岩手県だけ違います。

 

※宮城県は当然ですが仙台市です。仙台は別格扱いです、何故仙台なのかは違う機会に(^_^;)

 

ここは疑問ですよね、岩手県だけ岩手市じゃねえのはおかしいよなって。
何か大きな理由があるのではないか?と普通は思うはず。

 

盛岡市の理由とは?

まず「盛岡」という地名についてです。
盛岡という地名は「岩手」に匹敵するビッグネームです。

 

現在は岩手県といっていますが、江戸時代は盛岡藩とこの地域は称していました。
1691年頃に南部藩から盛岡藩へと改名されたそうですから歴史が古いと見せかけて浅いような気もしますね。

 

そして明治になっても一時期は盛岡県と称していたくらいですから、今の青森、秋田、福島のような県名と全く同じ名詞扱いだったと言って良いのが

 

「盛岡」という地名です。

 

ここまでは事実です。
※参照、盛岡市wiki

 

そして明治の始めに岩手県に改称しているので県名としては実質的に今に至るまで明治体制と同じ名称や県境になっていると言って良いでしょう。

 

盛岡県と称していたのは版籍奉還直後だけということですからその混乱期に仮で名乗っていたというだけなんでしょう。

 

その名残りとして盛岡市という名称が今も残っているし使用しているということなんでしょうね。
盛岡という地名はこの地域の人々にとっては馴染みが深いものであり、岩手より盛岡の方が歴史が古いのです。

 

そういうことで盛岡市なんだろうという説です。

 

盛岡市は内陸部にあるが雪が少ない地域

盛岡市は住むにはまず良いところでしょう。
東北の県庁所在地は例外に漏れなく天候は県内で比較すると穏やかな場所になります。
つまり生活しやすいから県庁所在地になっているという側面もあります。

 

他にも過ごしやすいところはあるんでしょうが生活環境としてバランス感が良いというのはあると思います。

 

地図で見ると随分と内陸部にあって心配になりますが、太平洋側なので降雪量は少なく寒いが何とかなる地域といえるでしょう。
これが山を超えて日本海側であれば豪雪になります…。
つまり青森の一部、秋田、山形側です。
冬は東北地方だけどまだマシな地域と考えて良いでしょう。

 

盛岡市は都市的には東北では大きな都市です。
全国的には人口が30万人ちょっと切るくらいで小規模な都市になります。

 

ただ繰り返しになりますが東北では大都市ですから(笑)、過ごしやすい地域になります。
都会だけど自然もあるという大都市の郊外的な都市かなと言えるでしょう。
東北の中では非常に過ごしやすい都市の一つです。

 

問題は刺激が無いということでしょうか。
(全国的な意味での)都会ではないので物足りないという方は多いかもしれません。

 

また仕事という面でも物足りなさはあるでしょう。
東北全般を通じて良い就職先は限定されると考えて良いです。
地銀や公務員というのが一般的な勝ち組。
全国的に見ればそうか?と思えるでしょうが東北はそういう地域ですね(^_^;)

 

大企業が無いのも特徴的です。
岩手にはトヨタの工場はあるのですが当然自動車会社の本社というのはありません。
農業県だけあってクボタの関連企業が売上では上位にあります。
後は建設関係ですね。

 

ですから一般企業であれば農業関係や建設関係の社員さんが岩手県内のトップ企業の勤めているということになるでしょう。
繰り返しますが地銀や公務員や東北電力支社がこの地域のトップ企業ではありますが、一般企業で考えると上記の通りになります。

 

給与賃金に関しては全国的に見ると低めな地域ですから(東北などの地方は)物価が低いとかよく言われるのですが余り意味は無いです。つまり物価が低かろうが賃金が低いので生活はそんなに豊かにはならないでしょう。物価が低いと言われますがそれは東京の家賃に比べると安いというだけであって、低いというよりも並くらいととらえた方が良いです。

 

岩手は遊ぶところあるのか?

岩手県は東北の中では観光が多い地域です。
花巻や雫石、その他多くの観光名所があり一回行くには良い地域。
歴史的な平泉もあり、見どころは多いと思います。

 

花巻温泉郷も有名ですし楽しめるでしょう。

 

ただ非常に若い世代には楽しめるところが少ないと思われます。
刺激的なイベントが多くあるという訳でもなく、最新文化が楽しめる地域ではありません。
その点は仙台市同様で若者文化はやはり首都圏に行かないと無理です。
地方は若者以外が楽しめる地域かと思われます。

 

協賛サイト

このサイトは以下の協賛サイトによって運営されています。
車買取 岩手